30代敏感肌女性、自己脱毛で鼻下の産毛を処理しています。

30代後半の兼業主婦です。過度の敏感肌であるため、メイクは全くできません。すっぴんの顔に、日焼け止めをつけるだけで外出するのに慣れきっていました。先日、連れ添って10年以上になる夫が急に私の顔をまじまじと見つめて、「お前、ヒゲあるよ。」と痛恨の一撃発言を放ってきました。慌てて鏡を覗き込んでも、見慣れている自分の顔ですから、すぐにはよくわかりません。本当に凝視して初めて、鼻の下(唇の上の方)に産毛が濃くなっていることがわかりました。年齢によって濃くなると聞いたことがあるので、まさにそれだと思います。

本当は、敏感肌の私は美容脱毛サロンで肌に優しい光脱毛をしたいところです。が、いかんせんお金も時間もないので、顔用の使い捨て・I字カミソリを使って、髭剃りの要領で剃って行きます。皮膚を傷つけたら大変なことになりますので、保湿クリームを厚い層のように置き、そこで極力、手に力を入れないようにして剃って行きます。ですが自己脱毛の限界で、とりあえず産毛の存在は抹消できても、毛根のぽつぽつはどうしても残ります。

「これを続けて行ったら、肌荒れしたり黒ずみが起こりそうで怖いなあ…。」と、いつもヒヤヒヤしつつ剃っています。最近は週に一度ほどの頻度で剃っているのですが、両わきやすね毛に比べると、目立ちにくい毛質で伸びて来るスピードもかなり遅いのが、せめてもの救いのように感じられます。敏感肌で、しかも顔の肌に使えるような除毛クリームを探しているのですが、なかなか見つからず、困っています。

口周りの毛処理!カミソリで剃って抑毛ローションをつけることがおすすめ

私は女性のなかでは毛深い方なので、顔の産毛もかなり目立ちます。特に口周りは気になるのできちんと産毛処理をするように気をつけています。私の口周りの毛処理の方法ですが、まずはいきなりカミソリで剃ると肌荒れしてしまいうまく剃ることができないので、蒸しタオルを用意して顔に30秒ぐらいあてます。こうすることで血行が良くなりますし毛穴が開いてくれるんですよね。カミソリで剃りやすくなるのでおすすめです。

カミソリで剃る部分ですが、私は口周りを特にしっかりと剃ろうと思っています。一番産毛が濃いんですよね。次にこめかみから頬に向かってと、フェイスランも丁寧に剃るようにしてます。カミソリを使う時は毛の流れに逆らわずに剃ることが大切ですよね。だからきちんと産毛の流れを見るようにしています。以前は、カミソリで産毛の処理をしたあとに化粧水や乳液などですませていたんですけど、最近は抑毛効果のあるローションを使用するようになりました。顔につけるものなので低刺激のローションです。

カミソリで産毛を処理をするだけだったらまたすぐに生えてくるのですが、抑毛ローションを使うことで少しずつ産毛が薄くなってきたんですよね。とても嬉しかったですし、産毛の処理をする回数がグっと減りました。できるだけ肌に負担はかけたくないので、産毛の処理の回数が減るならほっとします。最初は慣れなくて肌荒れすることもありますが、上手にカミソリを使えば肌にそれほど負担がかかりません。